女子とおとめは似ていて実はまったくちがーーーう! | Rucca*Lusikka

rucca-lusikka(ルッカ*ルシカ)ブログTOP

横浜のwebデザイナー&ライターRucca(ルッカ)のサイトです。ノート術で人生を楽しくおもしろくすることをテーマにブログを書いてます。

もう3,4年前の話なんですが、とある夏、私は重ね着の下に着るボーダーの半袖のTシャツが欲しかったんですよ。でもなかなか気に入った素材&ボーダー幅のものがなくて何件かのショップを探し歩いてました。

そんな時某ショップで、まさにコレ!というデザイン、素材、フィット感、価格のものを見つけ、さあ買うぞ!だったんだけど、どうしても気になる点が一箇所、それは胸にプリントされた、

「C U T E」

の文字。。。重ね着するから胸のプリントは見えない、しかしCUTEは、CUTEだけは・・・!と思いつつも、これ以上探す気力がなかったので結局購入。

しかし最初はインナーとしてしか着なかったのに、だんだんと気が緩みつい単体で着たまま近所へ買い物へ。そこへ鉢合わせたのが全く同じTシャツを来た女子高生。

ああもうっ!ごめんなさい!!ごめんなさい!!

心でひたすら謝りましたよ・・・(>_<)

思えばこの事件?が、私がいわゆる「若作りファッション」と決別したきっかけでもありました(と自分では思ってる)

いや~~CUTEなんて文字の入ったTシャツは、さすがにそのまま着ていいのは10代女子限定ですよね。反省。。。

んがしかし!

最近は「40代女子」なんて言葉もあったりして。なんだか女子の定義がよくわからんことになっています。

40代女子のための雑誌・・・らしい。

この雑誌、美容院で一回読んだことがあるだけなので内容はほとんど知りませんが、モデルがYOUさんとか小泉今日子さんが多いですね。ワタシよりも年上ですよ。でもいわゆる美魔女ではなくちゃんと歳相応にそこそこ老けながらもやはり可愛いですよね。なんとなく狙いどころはわかる気がします。

しかし四十路で「女子」は、自虐モード入らないと言えないなぁ・・・って、CUTEなTシャツを買ってそのままうっかり着ちゃった私が言っても説得力ゼロですがw

いやいや、その「うっかり」こそがババァの証明ですのよ。油断ですのよ。ああもう超絶に気をつけたいと思ったのですよ。(でももしかしたら、YOUやキョンキョンなら「CUTE」と入ったロゴTシャツでもキュートに着こなせちゃうのかもしれないです。)

まあ私は客観的に自分を鑑みて・・・着こなすのは無理w

花がらスカート
さて、そんなことを思い出しながらいろいろ考えた事をいくつか。

私が昔働いてたショップは乙女テイスト系ブランドだったので、「永遠の女子」なお客様が多かったです。いや、女子じゃない、「おとめ」です。

 

女子とおとめは似ていて実はまったくちがーーーう!

 

女子ファッションは自分の中の「女子成分」のアピールのためのファッションですが、「おとめ」はあくまでも中心にいるのは「自分」です。

「おとめファッション」は男には全くアピールしません。なので発情期が過ぎて、子育ても一段落し、安定したアラフォーおとめが、一周回って帰ってくるのです。

「森ガール」はおとめに近いようであれは「女子」ですよ。自分に向かっていません、対女友だち、対ボーイフレンドが入ってます。だからそういう世代が着る服なのです。なのでアラフォーが着ると、その「森テイスト」がもののけちっくなアンバランスさを醸しだすので危険です。

「おとめ」とは100%自分に向かっているファッションです。

でも今って、この微妙な「ギリギリおとめライン」を叶えるブランドが少ないんですよね。

国内のアラフォー向けブランドは、デパートの4階とか5階に入ってるお店のような、フォーマル系のきちんとしたデザインすぎたり、本格素材のナチュラル&オーガニック系だと値段が高くて気安くは買えなかったり、そこそこのお値段で探すとダ○エーやイ○ンに売ってるような安価ダサダサ系だったり。。で、適当におしゃれでお手頃価格だとほとんどが「女子」になってしまう。

ZARAやH&Mとか海外ブランドが人気なのって、実はそこのスキマじゃないかなー。(まあ、もうアパレル業界離れてずいぶん経つので実際のところはわかりませんが。)

日本は世界が認める「かわいい」の本場なのですが、そのかわいいは全部「女子的」かわいいなんですよね。海外ブランドのフローラルプリントのような「かわいい」には、女子要素がほとんど入ってないですから。

フローラルプリント

「かわいい」から「女子要素」を徹底的に排除すれば、逆にいくつになっても年齢不詳で着られる。それが「おとめ」ファッションだと思うのです。ターシャ・テューダーさんのワンピースのように。

ワタシ的はとりあえず、ダボッとせず体にフィットして、袖の長さもおしゃれにちょうどよくて、ボーダー柄で、ほどよく可愛く、ほどよいお値段で、「CUTE」とは入ってないTシャツが買える店がもっと増えたら嬉しいなと(^_^;)

日本で女子要素の入ってない「かわいい」=「おとめ」を探すのは困難ですが、一部の子供服にはまだ残ってる気がします。愛子さまが着てるワンピースみたいな。愛子さま、年頃になったらどんな服を着るようになるんだろう。願わくは地味にもっさりにならず、このまま「おとめ」なロイヤルファッションを貫いていって欲しいなぁ。

すべての年代の日本女性が無意識に背負う「女子力」という呪縛。

セクシー、きっちり、ゴージャス、エレガント、そして獣(ヒョウ柄とかw)

アラフォー向けの、女子とは無縁のファッションジャンルはいろいろあるけれど、「かわいい」の領域は女子とかぶる分、わりと瀕死。

おとめよがんばれ!

ワタシ、還暦すぎくらいになったらおとめかわいいばーちゃんファッションしたいなぁ。CUTEは二度と着ませんよw

, , ,

運営者について

ブログカテゴリー

アーカイブ

はてなブックマーク