ひんやり?する話。 | Rucca*Lusikka

rucca-lusikka(ルッカ*ルシカ)ブログTOP

横浜のwebデザイナー&ライターRucca(ルッカ)のサイトです。ノート術で人生を楽しくおもしろくすることをテーマにブログを書いてます。

えっと、私はいわゆる『霊感』というものがないと思うし、今までの人生でそれっぽいものを『見た』ということもないし、あんまり信じてもないのですが・・・(あ、UFOは見たことがあります!)

でも、偶然行った先々で、なんとな?く『んん?』って感じる場所はあるような気がします。でもそこで何かを見る、というのじゃなくて、あとでその場所が昔処刑場だった、とか、大きな火事があった、と聞いて、あーなるほどね?って思う程度なんですが。

まあ、その程度は誰でも感じるレベルかもしれないし、まあその程度なのです。

で、気になるのは、そう感じる場所はなんにもない場所ではなく、昔からやはりなんかしらの歴史?のある場所だったということです。ワカリニクイ??(ノ∀`)

今日ちょっと偶然、最近通って、『んん?』って思った場所が、『ああやっぱり』、な場所だったことを知ったので、そこが昔どんな場所であったかを調べたら、やっぱりそれなりの歴史があるところでした。

『そこ』はごくごく普通の商店街(そんなににぎやかではない)で、近くには大きな道路も電車も走ってます。何度か自転車で通ったことがあるのですが、その度その一本奥にある道が気になっていました。(実際に入って行ったことはないです)

で、今日ネットをプラプラ見てるうちに偶然、そこが『ちょっと強い』といううわさの多い場所だったというのを知ったのです。

幕末?明治の昔、横浜のとある大きな遊郭の女たちが、病気になった時に療養する施設があって、そこにはその遊女たちの信仰を集めたというお稲荷さんがありました。そのお稲荷さんは小さいけど今もきちんと残ってるみたいです。市のHPにも載っていました。

あ、あの・・・もしかしてドン引きしてる人いますか??・・・まあ、あくまでも都市伝説です。

でもそこが遊女さんたちの『療養施設』があった場所っていうと、遊女の病気なんてひとつしかないし、そんな働けない遊女たちがちゃんと『療養』させてもらえていたのかも怪しい・・・。

そんな悲しみのあった所なんだなって知ると、さもありなん、な気がしないでもないですよね。

他にも、やはり最近自転車で走っていたら、『んん?』と感じる坂があって、自転車だったし登らずに別の道を行き、まあすぐ忘れていたのですが、この坂もけっこうその筋では『有名』な坂だったことを知りました。ある推理小説のモデルになった坂でもあるみたいです。

調べるとやはり幕末の頃、そこには処刑場があったらしい・・・きゃー!

なんかですね・・・とはいえそういうきっかけから郷土史?みたいなのを紐解くのはけっこうおもしろい(といっていいのか)なーって思ったりして。

そうそう、新興の住宅地で、○○ニュータウンとか、○○の里とか、○○が丘とか、けっこうそういう場所って元々の地名がたとえば、鬼塚、影谷・・・とか、なんかいゃ?んな地名だったりすることが多いみたいです。

昔はなんの山だったのかな?????(^_^;)

オチがありませんがこの辺で♪

運営者について

ブログカテゴリー

アーカイブ

はてなブックマーク