「僕の音楽で希望を持って欲しいんだ」 | Rucca*Lusikka

rucca-lusikka(ルッカ*ルシカ)ブログTOP

横浜のwebデザイナー&ライターRucca(ルッカ)のサイトです。ノート術で人生を楽しくおもしろくすることをテーマにブログを書いてます。

Thisisit
マイケル・ジャクソン「This is it」

 

マイケル・ジャクソンが亡くなった後、テレビやラジオで次々と追悼企画番組が流れて、その中では絶対といっていいほどマイケルの素行とか裁判とか顔とか、そういうのに触れられていて、それは仕方がないことなのかもしれないけど、なんでそこまで?と思うこともあって、このブログでもちょっと書いたことがありました。
でも自分の書いたそんなブログの日記も、今思うとそれらと大差なかったのかもしれない。
この映画を見た後本当にそう思いました。いちおう自戒もこめて削除はせずにさらしておきますが。
幻となってしまったロンドン公演。死の数日前まで行なわれていたリハーサル。
ああ、マイケルが生きていたら、このツアーが実現していたら、そう思わずにはいられない。世界は改めてマイケルの凄さを認め、さらに魅了されていたのではないかな?
もーね、なにがすごいって、
マイケル50歳ですけど、スタイルもダンスも歌声も、私が一番知ってる全盛期と全く変わらない!変わってない!衰えなんてなにも感じられない!
ダンスのキレは若いバックダンサーにもひけをとらないし、さらに歌声!口パクなんかしない歌声!マイケル歌すごいうまい!!
ステージの演出も、ダンサーも、バックミュージシャンも、コーラスも、あらゆる全てが桁違いにすごい!そのステージに関わる全ての人の才能や夢がマイケルに向かって集中していってる。そしてその頂点にいるマイケルは、映画の中でもスタッフに評されていたけれど、本当に「フレンドリーで謙虚」なのだ。
マイケルには全ての完全な状態が見えている。なかなかそれが伝わらない時でも、マイケルは絶対に声を荒げることがない。「LOVEなんだ」というコトバを欠かさない。でも絶対に妥協もしない。
あんなスーパースターなのに、本当に謙虚なのだ。言うべきことはきちっと伝えながらも、相手への気遣いに溢れている。
昔、マイケルが来日した時かなー?、テレビでそのステージの映像が流れて、マイケルが日本のファンの女の子の手を取って歌って、その子はもううれしくて号泣、みたいな映像を見た記憶があります。
それまでマイケルの音楽は耳にしても、人となりとかは良く知らなかったし、他にもいる人気ある外タレの1人くらいにしか自分は思ってなかったんだけど、その映像のマイケルがものすごい優しくて、すごい印象に残ってたんだよね。「あ、この人すごいやさしい人だ」って直感したというか。
マイケルは今回のツアーの中でも、優しいメッセージをいっぱいいっぱい詰めて世界に贈ろうとしていた。本当に純粋な心の優しい人だったんだと思う。それがほんとうに伝わる。
ああ、ステージやりたかっただろうな・・・。
魂魄というものがあるのなら、マイケルの魂魄はまだあのステージにいるのではないだろうか?そんな気がしてしまう。
私は前に、マイケルは本当にピーターパンのような人で、だからこんな汚い人間世界にいるべき人じゃなかったのでは?みたいなことを書いちゃったけど、訂正します。
マイケルはこんな汚い人間世界に、夢とか愛とか地球への感謝とか、そういうものが大事なんだよっていうメッセージを本当に本当に発信し続けたかったのだ。夢を見させてあげたかったのだ。このツアーを本当にやりたかったんだ。もっと生きたかったんだ。
マイケルの最後のツアーは実現しなかったけど、この映画で、マイケルの込めようとしたものは伝わった気がします。(もちろん最高の完成型でこの世に現れなかったのは残念ですが)
映画が終った後、館内から拍手がおこりました。
とてもとても良かったです。
これは「物語」をいれることは一切せず、ただただ、ツアーのスタッフやミュージシャン、ダンサーの話と、リハーサルに挑むマイケルの姿だけを映した映画です。
だからなお良かった。余分な物語なんていらないんだよ。
ツアーに関わる全員が、最高の仕事に向かって、最高の力とコンディションで最高の努力をしてる。その全てをマイケルが惹きつけ、マイケルが実現しようとしていたんだ。
マイケルすごいよ。なんかもう、それに尽きるかも。

ステージやりたかっただろうな・・・それだけが本当に悲しくて残念だけど。。。この映画をせめてたくさんの人が観て、私もそうだけど、余分な物語のない本当のマイケルに触れられたらいいなって思います。
もちろん、本当はそれが本番のステージであることがマイケルの一番の望みだったんでしょうけれども。。

, ,

運営者について

ブログカテゴリー

アーカイブ

はてなブックマーク