春なんだけど。。。 | Rucca*Lusikka

rucca-lusikka(ルッカ*ルシカ)ブログTOP

横浜のwebデザイナー&ライターRucca(ルッカ)のサイトです。ノート術で人生を楽しくおもしろくすることをテーマにブログを書いてます。

最近は雪が降ったり暖かかったり…春に振り回されてますなぁ。。。でも週末はお天気もいいらしくてちょっと嬉しいです。最近週末あまり晴れてなかったからね。
今週は私もゼツもお互い忙しく、なんかバテ気味です。しばらくおとなしかった肩こりがここに来て悪化してしまい息をするのも苦しい・・・。
さて春。
これから明るい季節になるっていうのに、なんかこう、閉塞感というのを感じてならないのです。
ニュースとか政治とかいろいろ。
仕事はボチボチやってます。が、時々ハロワにも通っています。しかし求人はないです。新卒でも就職できない人がたくさん。お隣の国々が元気な一方、日本ってもうかなりヤバイのじゃないか?なんて、ハロワに行くたびに考えてしまう今日この頃。
クロマグロはとれなくなるかもだし、イルカ漁業の盗撮映画がアカデミー賞だし、トヨタはああだし、
どうしてこんなに景気が回復しないんだろう?
子供の虐待のニュースとかを見てしまうと本当に嫌になる。親は大抵無職だ。犯罪者の殆どは無職だ。
今、仕事が無い人はもちろん保険も年金も払えない、そうやって生活保護を受けざるをえない人が増えると、結局財源を圧迫してしまう。
病院は今どうなっているんだろう?政権が変わって少しは良くなっているのだろうか(聞かないけど)?
子ども手当結構。でも子育て世代に一番必要なのって本当にお金なの?保育園とか介護施設とかのほうが大切じゃないの?てかそんなに大きく振舞っちゃってほんとうにいいの???
高校無償化…生活が苦しい家庭の子どもが高校に進学できないのって、高校が無料じゃないからって理由だけ?
まず雇用でしょ。景気回復でしょ。大手企業、さんざん儲けてきたクセにいきなりバッサリってなに?企業だけが現状維持で国はどんどん貧乏になるんじゃない?
日本は本当に弱体化してる気がする。なんだろうこの閉塞感…。あまり考えたくない、考えないでとりあえず自分の目の前の仕事とか、家族とか、そういうのだけ大切にしていけばいい。いやそう刷り込まれてきてたのかも。
もちろん「国が何とかする」にぶら下がる人だっている。
私は給付なしで職訓に通っていたけど、給付受けてる人の中で午前は受けても午後の授業は受けない人が結構多かった。半分出ていれば一日分もらえるんだよね。「授業」として自分に必要なものとそうでないものとを選択していたのかもしれないけど、なんか釈然としない気持ちになったな。
職訓は今は倍率もすごい高いので、かなりやる気と必要性がある人が選ばれて集まってたわけだけど、それでも自腹切らない勉強の壁ってあったと思う。。。私がいたのはwebのコースだったけど、その後その道に就職した人っているのかな?てか3ヶ月じゃ「受身の授業だけ」ではやっぱり身につかないよ。
職業訓練を受けても就職に結びつかないのならその訓練ってなんのため?国費に甘えての失業中の時間つぶし(いいすぎ)?
でも国も学校もそれで「やった気」になってる気がする。修了したらその後就職報告するんだけど、一日だけのバイトでも報告するんだよね。それって「就職」にカウントするの?(何人就職したという実績データーが欲しいのかも、そんなの正直カウントして欲しくない)
国の援助での職業訓練そのものは必要だと思うけど、修了しても雇用してくれる企業がないんじゃぁ・・・。
子ども手当もいいけどさ、雇用対策、なんとかならないか。無駄遣いや「対策のための対策」をして満足するんじゃなくて…大きく仕組みを動かせるのはやはり国と政治なんだし。
今はもう「みんなが豊かになることによって国も豊かになる」時代ではない気がする。。。
私は常々「みんなで考えて決めたこと」は大抵斜め下を行く、と思ってるのですが、選挙ってまさにそれ。でも民主主義だから、それが現状一番いい方法だから。。。
閉塞感が世の中に広がると、カリスマを求める心理っていうのがなんか実感出来る。そう思うと歴史の教育って大切だ。
うーん。
なんか不安だ。。。

運営者について

ブログカテゴリー

アーカイブ

はてなブックマーク