アラフォーのハローワークその1 | Rucca*Lusikka

rucca-lusikka(ルッカ*ルシカ)ブログTOP

横浜のwebデザイナー&ライターRucca(ルッカ)のサイトです。ノート術で人生を楽しくおもしろくすることをテーマにブログを書いてます。

昨日、やっと会社から離職票が届いたので、早速ハローワークに行って手続きをしてきました。

いや~~~・・・混んでるだろうなぁとは思っていたけど、

混んでましたよ~~~!!!

職員の方々もとても忙しそうでした。電話も鳴りっぱなしだし・・・。昨日は登録と給付金の手続きだけだったのですが、全部で2時間ほどかかりました・・・。

給付金の受付では退職の理由などの説明をするのですが、私の場合は会社都合なので、離職票の退職理由に異存はないので早く終わったのですが、けっこうその辺りが微妙な人が多いのか、けっこうどの窓口でも「会社都合」なのか「自己都合」なのかで揉めている?のが多かった気がしました。

聞こえてきただけでも、遠地への転勤を言い渡された、最初の条件と全く違う仕事になってしまった、などなど。。

リストラってなんかこう、「自主退職に追い込む」ようにしていくパターンって多いよね。「早期退職者募集」ってやってくれる会社の方が良心的なのかも・・・。

さてと、今日はこれから国民年金と健康保険の手続きに行かなくては。。。やっとこれで安心して?風邪を引けます(^_^;)・・・いや病気なんてしないに越した事はないので、今後もちゃんとうがい手洗いしますよー。

「不景気」とか「派遣村」(なんだか「派遣」っていう名前ばかり取り上げられてる気がするけど)とか、そんなニュースについてのネットでの日記とかをツラツラ見ていると、「努力してこなかった負け犬達」とか、「なぜ会社の寮にいて貯金がない?危機管理甘すぎ」とか、「そもそも正社員のいろいろなしがらみを放棄して楽な派遣を選んだのだから自己責任だ」とか、厳しい意見も多いなあ。「一万円貸付」には「甘やかしすぎる!」と。

ごもっともなんだけどね。

しかしなんかこう、、

お前らはそこにいろ、ガタガタ言うな、甘んじて受け入れていろ、って脳内意訳してしまうんですけど・・・お前らを救済するのに俺の金は使われたくない、みたいな・・・ううむ。まあ、こう書いてる人にとっては「対岸の火事」なんだろうなー。自分のところに降りかかってくるのだけは絶対拒否!みたいな感じ?

私も正社員でマネジメントをしていた時は、完全に「会社脳」になってたしなぁ。「パートなんだから仕方ないよね?」みたいな。

当時友達がある会社でパート(技術職)で働いていて、一年間留学して帰国して、またもとの会社で募集してたので問い合わせたら、ぜひぜひまた来てくれって言われたのに、時給がイチからになるって説明されて、

「こんな事ってある??」

ってすごい怒って電話をかけてきたことがあったんだけど、正直その時同意できなかったんだよな~~(^_^;)

「パートなんだから仕方ないじゃん」って。。。そう思った裏には甘んじて受け入れていろっていう、上から目線な気持ちもあったのかも。自己都合で1回やめたんだから自己責任じゃんって。

友達は多分、キャリアがあるのがわかってるのに素人の新人と同じ時給からスタートになるのが納得がいかない。という事が言いたかったんだと思う。

でも当時の私は「一度辞めたペナルティじゃない?」という発想から抜けられてなかった。

今思うと、そんなペナルティ単なる意地悪だよね。キャリアある人をその辺の罪悪感つついてうまく安く働かせられればラッキーみたいに考えてない?って思うかも。。。

友達よ、もう10年も前の事だけどあの時は共感できなかったばかりかきついこと言ったかも・・・ゴメンネ。私も視野が狭かったのよ。

でもこれも、正社員でマネジメント職という立場にずっといたら、絶対に気がつけないことだったと思うな。

自分の会社も、立場も、健康も、運も、変わらないものなんてなにもない。ちょっとした想像力も麻痺してしまうほど、「万能にずっと生きていける」幻想がはびこってる世の中なんだなあ。。。

なんてエラそうにぼやいてみたo(_ _*)o

運営者について

ブログカテゴリー

アーカイブ

はてなブックマーク