見えにくい「縛り」 | Rucca*Lusikka

rucca-lusikka(ルッカ*ルシカ)ブログTOP

横浜のwebデザイナー&ライターRucca(ルッカ)のサイトです。ノート術で人生を楽しくおもしろくすることをテーマにブログを書いてます。

以前、店長をしていた時、この時期になると頭が痛かったのがパートさんの年収調整だった。

いわゆるサラリーマンの奥さんが働く場合の、103万円の壁と130万の壁ってやつです。

ただでさえ忙しくなる年末なのに、Aさんは来月○万以内に抑えないといけないからシフトを○時間以内にしなくては、とか、お客さんが途切れないのにBさんにはもう今月は残業させられないから帰ってもらわなければ、とか、そんな気苦労がね。。。(当時、不景気の為余裕を持った人員体制ができてなかった会社のせいでもあるんだけどさ?)

扶養内で働く奥さんパートさんのほとんどは、結婚して前の会社を退職して、とりあえず子供ができるまで家事に影響が出ない程度に働きたい、という方でした。

●将来的には子供を産みたい。そしたら子育てに専念したい。
●家計の柱は夫なので、自分は家事との両立が無理にならない程度に働きたい。
●でも今は本当はパートの扶養範囲内では収入的にも時間的にも働き足りない。

中にはもったいないくらい仕事ができる人も多かった。でも「扶養範囲」という壁は厚かった。サラリーマンの奥さんは、税金や保険の控除や旦那さんの会社でもらう扶養家族手当などなどから、奥さんの収入が増えると返って世帯の収入が減っちゃうんだよね。

中にはサラリーマンの妻だけど扶養は気にせず、やりがいメインで働きたいんです、っていう人もいたことはいました。でも私が一緒に働いたたくさんの主婦パートさんの中で、こういう考えの人は実際2名いただけで、やはり多くは扶養内「厳守」でありました。

その2名の方もいわゆる「働き損」の収入になっていたとは思うのですが、2名の方の共通点は過去にバリバリ仕事をしていたという事でした。前職がとにかく忙しすぎたので、両立のことを考えてパートとして転職してきた人でした。

どちらの方もご主人の扶養には入った事がないし、もともと税金も年金保険も自分で払うものだし(払ってたし)、仕事を選ぶ上で扶養にはこだわりたくない。という考えでした。

そしてどちらもとても仕事ができて、責任感があって、融通も利いて(これシフト制の仕事にはありがたい)、いわゆる「大当たり」な人でした。

1人は今は子供を産んで辞めて子育て中、もう1人の方は結局仕事ができすぎるので正社員になり、さらに店長になっています。(両立は大丈夫だろうか・・・^^;)

今思うとこの

「仕事を選ぶ上で扶養にはこだわりたくない」

って、すごい重要だったなぁ・・・って思います。

私が今勤めてる会社はパートでも社会保険完備なので、私は夫の扶養に入ってないです。でも年収的にはいわゆる「働き損」ゾーンです。(もちろん将来の年金がアテになるならもらえる額は扶養よりも多くなるはずですが)

でもやりたい仕事に就けて、楽しく(楽しいだけじゃないけど)働けている。正直「損をしてる」感はない。適度に忙しく、適度に休みも取れ、家事との両立のバランスも丁度良く、職場の人間関係もいいし。

「働き損」にこだわってたら、なかったカモと思う。

今、将来の年金問題や、高齢化社会への介護・医療問題とかいろいろあるじゃないですか。将来的には消費税を上げざるを得ない、とか。

いっそのことこの「扶養(いわゆる第3号)」ってもう廃止ってならないのかな?

っていうと世のサラリーマン世帯の方々からいっせいにクレームが来て選挙に勝てなくなるからなかなかそうは行かないみたいなんですが・・・。

「もっと働きたいんだけど損になっちゃうから」

って、実はかなり大きな「縛り」だと思うのよね。どうなんだろう?でもお小遣い程度に働く気持ちの人には「扶養がなくなるなんてとんでもない!」なのかなー?やっぱりまだまだ少数意見なのかしらん。

でももともと、旦那さんがサラリーマンじゃない奥さんは年金を払ってるわけだし。学生だって払ってるわけだし。なぜにサラリーマンの妻だけが・・・?って思うんだけどなぁ。

その分育児手当とか、将来の年金とかをもっと手厚くすればいいのにとも思うんだけどな。

とりあえずそれはさておき、

私が一番いいたい?のは、

「損になっちゃうから」というのは縛り、ってこと。

なんか、とっくに愛はないんだけど生活のために、お互いにうんざりしながらも離婚しない仮面夫婦みたい。

ちょっとちがう?・・・でも、

日々の不満とか、「うんざり」とか、毎日つまらないとか、退屈とか、でも「仕事なんてそんなもん」「結婚なんてそんなもん」っていいながら、「損(失う不安)」よりは「毎日の愚痴(現状維持)」を選ぶ人って多いと思う。

前に「快適察知センサー」について考えた事があったけど、「愚痴りながらの現状維持」の一番の悪影響ってこの「快適察知センサー」が鈍っちゃうことだと思うのであります。

本当の「損」ってなんだろう?私は「時間」を失う方が怖いなぁ。。。

パートの話からずいぶん流れていっちゃいましたが(^_^;)・・・「働き損」ていうのを考えていったらなにが損なんだろう?っていうのが出てきて、求められていて、自分も働きたいのに「働き損」になるから働かない、っていうのがずっと腑に落ちなくて。

そういうのって他にもいろいろあって、これって実は考えようによっては、見えにくいけっこう危険な「縛り」だなあって・・・思うのでありました。

, ,

運営者について

ブログカテゴリー

アーカイブ

はてなブックマーク