最高への本能 | Rucca*Lusikka

rucca-lusikka(ルッカ*ルシカ)ブログTOP

横浜のwebデザイナー&ライターRucca(ルッカ)のサイトです。ノート術で人生を楽しくおもしろくすることをテーマにブログを書いてます。

オリンピック始まってますね。

バンクーバーもそれなりに時差があるんですが、今は毎日FFをやってないせいか(^^;、夜のテレビで競技を見ることが多いです。もともとなにげにフィギュアスケート好き(愛のアランフェス読んでましたw)っていうのもあるので。高橋くんの銅メダルも良かった!

男子フィギュアでは銀メダルのプルシェンコが現行の採点方式に疑問の一石を投げ入れましたね。

「男子が4回転を跳ばずしてなんの金メダルだ」と。

4回転を跳ばず、安全な構成で転ばずに手堅く滑った方が結果的に高得点が出る今の採点方法に。

プルシェンコのような「王者」がわざわざ現役復帰したのは、あえて今の採点方法でのオリンピックで4回転を飛ぶためだった、となにかで読みました。

プルシェンコは4回転を跳んだけど、軸がブレたりして完成度はイマイチのため2位。4回転を跳ばなかった選手が金メダル、4回転に挑んだけど転んでしまった高橋選手は銅メダル、「4回転の王者」といわれたジュベールは不調で圏外…。4回転を跳んだけど小塚くんは8位。

4回転って本当にリスキーなんだなぁ。確かに今回、4回転を跳んで(挑戦して)メリットがあった選手があまりいないような。。。

個人的には、見ててワタシ的には、転んじゃうジャンプよりもステップの方が面白いんですよね。昔のキャンデロロ選手のような華麗でドラマティックな、場を盛り上げるような。そしてそれはジャンプのように目立つ部分じゃないけど、確実にスケートが「上手く」ないと滑れない物だと思う。

高橋選手のステップは本当に素晴らしいと思う。そのステップがありながらさらに4回転にも挑んだ。転んでいなかったら金メダルが取れていたと思う。

でも私はやはり挑戦したことが素晴らしいと思うな。

それは総合力で劣る選手が、一か八かの大逆転をかけて跳ぶ!っていうのとは絶対に違う。(このことへの問題が今の採点方式につながってるとも考えられますが)
跳べる実力と跳びたいというアスリート本能と、その上での戦略に4回転が入るかどうか。
プルシェンコのメッセージは単なる銀メダルの負け惜しみなんかじゃない。

さて、今週は女子もはじまりますね。

昨日のテレビの特集で真央ちゃんが出ていました。彼女が今季挑戦していることはジャンプと表現力の両方の完成を目指したプログラム。
本番の舞台でその完成が見られたら素晴らしいですね。真央ちゃんだから滑れると信じて作られたプログラム。自分なら絶対できるという自信と、完成させたいというアスリート本能。

それに最高の結果が現れることを祈って観戦したいと思います。

おまけ♪
キャンデロロ選手伝説のステップ。見たら妊娠しますので気をつけてね(嘘)

,

運営者について

ブログカテゴリー

アーカイブ

はてなブックマーク